会社概要お問い合わせカタログ請求サイトマップ

  1. >
  2. 安心を標準装備いたします。
レーザー加工機内部で加工中の可燃性材料が何らかの条件で発火し、
加工機内部温度が60℃以上に上昇した場合に、焼損警報器が作動して、
音声で(火災発生)と大音声で警報が発せられます。

耐火ガラスウインドウ

(オプション装置:警報器の内部接点より外部に信号を送り、灯や超純水自動消火装置、
離れた場所の警報ベルなどを起動させる事も出来ます。)
注意:焼損警報器は発火を防止する機器ではありません。
警報器が正常に動作する場合に音声で警報する機器です。

マーカーを除く全機種に標準搭載